本日の新入り君

2016-06-26 21:27:30
本日の新入り君
イエローチェリーシュリンプ x 5
名前の通り黄色いチェリーシュリンプ。たぶんレッドチェリーと同じエビで黄色の個体を固定化したものでしょう。
なのでおそらくレッドチェリーと交雑しちゃうでしょうね。
どうなるんでしょう。まだらになる?オレンジになる?赤くなる?

ブッシープレコ x 2
シュリンプもこの子達もパック売りになっていたのを買ったのですが、多少落ち着いて水槽の前面に張り付いているのをみたら、一尾は腹ビレが片方ありませんでした。うーん、そこまではチェックしなかった。
でもここ一日二日でなくなったものではなさそうなので傷はなさそうです。
うちの水槽でヒレが無いことがそれほど致命的ということは無いでしょうからこれが原因で落ちることも無いでしょう。
個体識別ができていいかな。

本当はオトシンクルスをもう少し足そうと思っていたのです。ネグロじゃないのを。大体いつもパックになってるんですけど今日はいなかったんですよね〜。
で、なんとなくブッシーにしてしまった。今はオトシンと同じくらいの大きさですけどこいつらはタイガーより大きくなるんですよね、たしか。10cmくらいで止まってくれないかなぁ。



コケ除去機能はあるようです

2016-06-25 19:13:37
先週サカマキガイ水槽に入れたミクロソリウムもずいぶんときれいになりました。
メイン水槽に戻して今度はアヌビアス・ナナをクリーニングに出しています(笑)。

ところでサカマキガイ水槽ですが貝の墓場と化しています。水底には夥しい数の死体が...
やはり餌が無いせいでしょうかね。

なぞのまる

2016-06-25 14:52:23
なぞのまる
写真の2尾のプラティがいるあたりにぼんやりとまるいものが見えないだろうか。
ガラスにコケが生えているのだが、なぜかここに丸くコケが生えない部分がある。
はじめは誰かが丸くコケを食べたのかと思ったけれど、あまりにきれいな丸なのと他にこのようにコケがなくなっている部分がないので違うと思う。
ガラス面を掃除してしばらくしてコケが生えてくるとこの丸が浮かび上がってくる。
この丸は何なのだろう。そしてなぜコケが生えないのだろう。
この丸が何なのかということについてはおそらく吸盤のようなものの跡と思う。水槽の製造工程でガラスを貼り合せる際に対面のガラスとの間で引き合わせたものではなかろうか。
なぜここにだけコケが付かないのか。これはわからない。何度もコケ落としのためにこすっているので何かが付着しているとは考えにくい。ガラスの表面が変質/変成しているか、何かの薬品が組成レベルで浸透しているのだろうか。
なんにしても、この状態を作り出すことができるのならばコケの付きにくい水槽を作ることができるのではないだろうか?

ずいぶんきれいになりました

2016-06-18 17:38:49
ずいぶんきれいになりました
サカマキガイ水槽にいれていたミクロソリウムを取り出してみたらずいぶんときれいになってました。
サカマキガイがこびりついていたコケを食べてくれたのでしょうか。
確実にそうだと言えないところが辛いところですね。環境が違うので....可能性はこんなところ。
・サカマキガイが食べた
・光量がメイン水槽より低いのでコケが枯れた
・水中の栄養素が足りなくてコケが枯れた
実際のところは合わせ技なんじゃないでしょうかね。
・コケが勢いをなくし、あるいは枯れてそれをサカマキガイが掃除した
サカマキガイ水槽からサカマキガイを除去して試せば確認できるのでしょうがそれはもう不可能(笑)なので検証はしません。
とにかく水草が多少きれいになるということで、メイン水槽の別のミクロソリムと入れ替えました。
こちらは葉幅が広いタイプで葉にびっしりと産毛のようにコケが生えていて今までのものとは状態が違います。
これもきれいになるかな〜

外部式フィルターのモーターヘッドはなぜ上にあるのか

2016-06-17 04:02:47
水中モーター分離型ではない外部式フィルターのモーターヘッドはなぜ機器の上にあるのだろうか。
また、なぜ汲み上げ型の構造になっているのだろうか。

外部式フィルターはサイフォンで水槽からろ過層へ水を落とし、ろ材を通過した水面部分からポンプで水を汲み上げるようになっている。ポンプと書いたが実態は分離型の水中モーターと同じものである。
この構造なので起動時には装置内が完全に水で満たされている必要がある。稼動時にも安定して動かすためにはモーターが十分に水没していなくてはならない。
起動を助けるために手動のポンプ機構をつけたりスターターで水を吸い出したりと面倒だ。また安定稼働のためにモーター部を水面よりも十分下にしなければならず、水槽の横に置くことのできる機種は限られる。

モーターを機器の下につけて、モーターからの水がろ材を通って水槽に戻るようにすればこれらの問題は解決する。早い話が分離型のフィルターの水中モーターを水槽内ではなく本体内、ろ過槽の下部に入れてしまう構造だ。
これならば起動時には装置の下部だけ、モーターが水没するだけの水が入っていれば良い。稼働中も装置下部が水面下ならいいので横置きも容易だ。ろ材の目詰まりによる流量低下時にもモーターがエア噛みする可能性は非常に低く火災などの事故が起こりにくいし静音性にも優れている。

マイナス面としてはろ過前の水がモーターを通るので、異物によるモーターの破損が起きやすい。ただこれは分離型機器や外掛けフィルタ、上部ろ過機も同条件だ。
ろ過槽の高さの分だけ揚程が増えることもマイナスだ。更にろ材による抵抗も増えるので水槽の下に置く縦置きの条件は悪くなるだろう。ただし先に書いたように水が流れなくなってもモーターが空転することはないので事故には繋がりにくい。

どう考えてもモーターヘッドが下にある押上式の方が上にある組み上げ式よりもいいように思えるんだが、なぜそういう製品はないのだろう?

なぜない、こんなフィルター

2016-06-11 21:48:34
テトラの外掛けフィルターAT60と外部フィルターのVAX60は同じ水中モーターを使っていて適合水槽も同じようなもの。メンテナンスは圧倒的にAT60が楽だし圧倒的に安いのになぜVAXを使っているかというと...AT60は小型水槽で使うと水流が強すぎるのだ。
外掛けフィルターはどのメーカーでもポンプで水をろ過層に組み上げて、水槽に引っ掛けたろ過層からそのまま水槽に水を注ぎ込むようになっている。つまり水槽に注ぎ込まれる水の流れをコントロールすることができないわけだ。
多くの製品では汲みあげる水を制限することで水流をコントロールするようになっているが、この方法は当然ろ過器全体の水流量を減らしてしまうので、だったらもっと小型のろ過器をつければいいんじゃないの?ということになってしまう。
対してVAXは曲がりなりにも外部フィルターなので吐水方法はいくらでも工夫できる。うちではシャワーパイプの壁当てで十分だが、これでも強いなら吐水部にスポンジをつけるとかすればいい。
なぜシャワーパイプに対応した外掛けフィルターはないのだろう。最近は水中フィルターにシャワーパイプを付けたものがある。あんな感じの外掛けはなぜ作られないのだろうか。
外掛けフィルターに出水パイプが繋げられる穴の空いた蓋を作ればいいだけだ。密閉型である必要はないので実際には蓋じゃなくて壁でいい。出水パイプの容量を上回る分は従来通り溢れて水槽に戻ればいい。
出水口に水圧をかける必要はないのだ。なぜなら目的は強い水流を作らないことなのだから。フロー水流量を減らさず、水槽内に強い水流を作らない。加えて戻り水の供給箇所を増やすことで水槽内の止水領域を減らす。
水槽内のことだし、水圧もかかっていないのでパイプ類の継ぎ目もそれほどかっちりしてなくてもいい。逆に簡単に外せる方が外掛けフィルターのメンテナンス性を下げずに済む。
実は工作レベルで簡単にできちゃうんだけど、どうして対応製品が作られないんだろうなぁ。
需要がないのだろうか???

水槽の今

2016-06-11 20:01:14
水槽の今
現在のタンクメイトたち
・タイガープレコ          1
・チャイナバタフライ        1
・コリドラス・ジュリー       3
・コリドラス・アエネウス・アルビノ 4
・オトシンクルス・ネグロ      2
・イエローサンセットプラティ    7
・レッドチェリーシュリンプ    たくさん
・サカマキガイ          たくさん

テトラ バリューAXパワーフィルター VAX-60

2016-06-11 16:15:20
テトラ バリューAXパワーフィルター VAX-60
メイン水槽(30cm cube)の外部フィルターをVAX30からVAX60に替えました。
VAX30が1週間ほどで目詰まりして流水量が激減しちゃうのですよね。毎週掃除なんてやってられん。
原因の一つはポンプの非力さ、もう一つはU字型のろ材槽構造と踏んでいます。
VAXはバケツを板で仕切って板の下部に水の抜けられる穴があるという構造です。なので入水側のろ材槽から出水側のろ材槽に水が抜けるところで流れが不自然なんですね。この部分で出口渋滞みたいな感じになってるに違いない。
これはろ材槽の底を簀でかさ上げしてあげれば改善すると見ています。そうすれば真っ直ぐなろ材槽が2つある状態になるはず。
実際やってみたのですが効果がわかる前にVAX60に替えてしまったので結果は不明です (^^;
ポンプの方は替えるしかないですね。VAX(AX)シリーズのポンプは外掛けフィルターのATシリーズと同じなのでうちにあるAT60のポンプがつかないか見てみたのですがさすがに厳しそうです。それにVAX30のホースは8mmでVAX60の12mmより細いので流量が賄えないような気がします。
ということでVAX60にしてしまいました。でかいです。写真ではそうでもないように見えますが容量差で3倍ほどありますからね。
ろ材槽の構造は同じなので初めから簀を入れました。入水側に付属のグラスリングを入れたらほぼいっぱいになったので出水側にはパワーハウスペーシックを投入。
シャワーパイプは少し穴を広げておきました。AT60の水流を考えるとさすがにきつそうなので。壁当てしてますがまぁそこそこの感じです。
これで2〜3ヶ月は放置できるようになるんでしょうか....

さっき気付いたのですがVAX30の適合水槽は40cm以下、VAX60は60cm以下になってます。
でも水量はVAX30は16Lと書かれているんですね。40x15x26とかのスリム水槽ってことでしょうか。VAX60は66Lで60cm規格水槽の容量ですからなんか40cmって詐欺くさい書き方ですよねぇ。

スネール水槽

2016-06-11 01:27:30
巨大化してしまった金魚たちがあまりにかわいそうだったので45cm水槽を新しく導入してお引越しさせました。
空き家となった水槽でフィルターだけ動かしていたのですが、餌がなくてはバクテリアもいなくなってしまうかも...と思って水草の一部をこちらに移しました。
その際、水草についているサカマキガイをみて「おお。こいつらがいれば水が汚れるからろ過器も有効に働くに違いない」と思ったわけです。
メイン水槽で手の届く位置に上がってきたサカマキガイをどんどんスネール水槽に放り込む。さてどうなるのでしょうか。
餌をあげる気は全くありませんが、コケコケの水草がひと塊り入っています。サカマキガイがコケを食べるなら当面はこのコケで生き延びるのではないでしょうか。水槽にもコケはついてますしね。
メイン水槽からサカマキガイを移す以外、この水槽に有機物を加える気はありません。ろ過はされていて水草のために弱いですが照明は当たっています。
しばらくすればサカマキガイは繁殖するはず。でも餌は限られています。どの辺で均衡状態になるんでしょうね。
ちなみにメイン水槽でも思ったより数は増えません。プラティにやられてるんだと思うんですが...でもスネール水槽には外敵はいませんからね。
どういう結果になるのか結構楽しみだったりします。


迷子発見

2016-05-29 18:48:28
5尾導入したちびっ子プラティ。1週間ほど前から1尾いないなぁ、落ちたかなぁと思っていたのですが...
今日、投げ込みフィルタを掃除のために開けたらオレンジ色のものが見えました。
あらら、死んでここに落っこちたのかと思いつつバケツにドバーッとあけて洗うために水を足して。
ろ材ですり潰すといけないと思って死体を探したら...ピチピチッ...え?
生きてました。あわてて水槽に戻しました。
どうやら入り込んで出れなくなっていただけだったようです。

しかし、この子もオスだなぁ。
5尾中メスは1尾だけ。プラティってオスが生まれやすいんですかね。